カテゴリ:
一応日英バイリンガルの我が家。いつか娘も英語が話せるようになれば良いなとは思いますが、とりあえず今はゆる~り耳を慣れさせる程度でよいかな、と思っています。

そこで、絵本大好き、1歳2ヶ月になったばかりの娘のために英語絵本を投入。Brown Bear Brown Bear, What Do You See?というBill Martin Jr.と、はらぺこあおむしで有名なEric Carleの絵本です。

20130826 (4)

色、動物の名前だけでなく、"I see a xxx looking at me."というフレーズが何度も出てくるので、seeとlookの違いが自然と覚えられる(はず)という特典付き。

見てください、この不細工な紫の猫!このインパクト大なイラストも、子どもの興味をひく一因だと思われます。

000f1de2.jpg


肝心な娘の反応ですが、今までで1、2を争うのではないかというくらいの食いつきを見せました!読み終わっても「もう1回」と何度も何度も絵本を差し出してきます。朝起きて本棚に一目散に向かうと、この本を手に取ることもしばしば。よっぽど気に入ったんですなあ。

読む時は、リズムにのってテンポよく読むのがオススメ。キラキラ星のメロディに合わせて歌い聞かせもできます。

Amazonでは対象年齢は4歳から8歳とありますが、1歳でも反応は上々なので、だまされたと思って読んであげてみてください。

ボードブックならば、紙を破るのがブームな娘っ子が破ってしまう心配もなし。持ち運びにも便利なサイズです。

それにしても、洋書なのに日本語の絵本とも変わらない値段で買えるなんて!洋書の買い物事情も変わったなあ。



英語版を買って気づいたのですが、バイリンガルのものもあった様子。でも絵は英語バージョンの方が可愛いような?



さらには、スライドになっているものも。この本の特性上、スライドもウケる気がします。