カテゴリ:
6月末、不意に送られてきたガルーダインドネシアからのメール。
Screen Shot 2019-06-28 at 10.44.34
"Garuda Indonesia informs you that some changes occured to your itinerary for booking XXXXXX.
Please find details below. "

時間が変更になったくらいかな?と見てみると、なんと行き先がBandungでなくMajalengkaになっているではないですか!some changesどころの騒ぎじゃあないですが!?

Majalengkaがどこだかさっぱり分からなかったので地図で確認すると、Bandungから車で2時間半の距離。しかもMajalengkaからBandungまで高速電車は通じておらず、シャトルバスを利用とのこと。元々2時間の直フライトで到着する予定だったのに、更にインドネシアのバスで2時間半なんてあり得ませんから!

さっぱり意味が分からないので、ガルーダの日本事務所に電話して確認すると「国の方針で、7/1以降バンドンの空港へは飛べなくなりましたので、マジャレンカに振り替えしております。」と平然と言ってのけました。しかも「ガルーダではなく国の方針なので、キャンセルする場合はキャンセル料が発生します。」ってありえなくないですか?どう考えても私たちの責任でもないですが。

変更をする場合は、同額かそれ以上のチケットにのみ無料で変更できますとのこと。調べるとバリ-ジャカルタ間の方がバリ-バンドンより安いから、実質変更不可ってことですよね? 

その後調べると、マジャレンカの空港のwikepediaに、空港が完成次第バンドンの空港が軍事用になるとの記載を発見。ガルーダがこの予定を把握していなかったとは思えませんから、予約時点で注意喚起するべきでしたよね。

キャンセル料は微々たるものですが、納得いかないのでしばらく戦ってみようと思います。