カテゴリ:
以前から、Kellyも1つは持っておきたいな〜考えていました。



しかし、皆様ご存知の通り、エルメスのバーキン & ケリーと言えば、幻のバッグ。悲しいかな、欲しいからといって手に入る訳ではないのです。

担当様にもいつか所有したいと思っている旨を伝えてはいたのですが「ケリーはなかなか厳しい状況」とのこと。ええ、もちろんすぐにとは思っていません!

と思っていたのに!

Birkin獲得から約1年。チャンスは急に巡ってきました。



なんとこの日はいくつかのケリーから選べるという奇跡的状態だったんですが、 その中にサイズ25、ノワール、ゴールド金具、外縫い、そしてまさかのボックスカーフというスペックのものが!

ボックスカーフの何がそんなに特別なの?と思われるかもしれませんが、エルメスの基準に達する革がもう取れないため、年々お作りが少なくなってきているんですって。ベテラン担当様も、ここ5年くらいで初めてボックスカーフのバッグを見たとのことでした。

傷がつきやすいという欠点はあるものの、たくさん傷をつけてから数年後お直しに出すと、傷は綺麗に消え、中から更にツヤが出てきてより美しくなる素晴らしい革なんだとか。

ツヤツヤのクラシカルなボックスカーフ。ちょっと年配の方向けかな?という印象だったので、去年までの私だったらまず選ばない(というか見る機会もなかったであろうが)と思うんですが、子供も小学生になりすっかり落ち着いた今はなんだかしっくり。

しかも実物を見てしまったら、その美しさにノックアウトですよね。年配の方向けとか言ってごめんなさい。どの年代の人でも、上品に持つことができると思います。

即決!



ケリーバッグなら、カチッとフォルムの黒の外縫いが良いと思っていたんです。
正に思い描いた通りのバッグが私の元に来てくれました。
IMG_0954IMG_0956
ケリーはストラップもついているので、ショルダーとして、またバンドリエール を購入して斜めがけとして持つことも可能。
IMG_0993IMG_1089
サイズは25ですが、私は荷物も少ない方なので、普段使いには十分です。
このバッグだと、シンプルにそのまま持つのが一番美しいとは思いますが、ノワールだと手持ちのツイリーが全て合います!ちょっとカジュアルダウンできるで、これはこれで良いかも。
IMG_1085IMG_0994
が、革が硬いので、クロアを閉めようとすると結構大変・・・ケリーバッグをお持ちの方が、クロアは開けてお持ちなのがよくわかります。

毎日仕事から帰ってはダストバッグから出して眺めているのですが、長く続いている悪天候のせいでまだ外に持ち出せていません!早く使いたいな〜。
通常のケリーバッグより、30万(!)ばかり高いお値段設定ですが、もうこのチャンスを逃したら二度と巡ってこないと思い、清水の舞台から飛び降りまくりましたよ。

大切に使えば100年もつとも言われているバッグなので、たくさん使って娘に引き継ぎたいと思います。

ラッキーな娘よ!

1,450,000円(税抜き)