カテゴリ:
女の結婚式の要とも言えるウエディングドレスを選ぶにあたり、いくつかのオプションがありました。①日本で借りて持って行く。②現地で借りる(200-300ドル)③購入する。

①どこに行っても最低ラインで18万、上限は無いようなものある会社に相場を聞くと、30万以上だせばお気に召されるものが見つかるかと・・・って30万??何回も着るものならまだしも、数時間しか着ないものにそんな金額出しません。ということで真っ先に却下。

②今回結婚式を頼んだRomantic Wedding.com(Bali Wedding Planners. comに改名)でも200-300ドルで借りられるのですが、どうもウエブサイトを見ても良いのがない。欧米人の利用者が多いので、欧米人好みのシンプル且つサイズが大きいものが多いとのこと。ウエブに載っていない7号9号ドレスの写真も送ってもらったのですが、デザインが一昔前風・・・

持っていくのが面倒なのでこれが有力候補だったのですが、現地に行っても気に入るのがなかったら、というリスクはとりたくなかったので残念ながら却下。

③普通のドレス屋で買うと、当たり前ですがレンタル以上の金額がします。ということでまた鬼のリサーチ開始。実際にお店で採寸してもらって作っても10万円しないというお手ごろなお店もあったのですが、納期が微妙だったため、最終的にはYNSウエディングというオンラインショップに決めてしまいました。

とりあえず自分に合う形を見極めるということで、あるドレス屋に行って試着をしてみて、Aラインかマーメイドで行く方向に決定。でも持っていくのにパニエは邪魔くさいので、マーメイドに絞り込み。オーバードレスの着脱可能、1度で2度おいしい↓のドレスをオーダーしました。



オーバードレスを着ればスレンダーライン、脱ぐとシンプルなマーメイドドレスになります。ネットでオーダーするのには若干抵抗はありましたが、サイズ直しも有料ですが可能ということで、思い切ってサイズを測ってオーダーしました。

4週間ほどで中国から現物が届いたので意気揚々と試着してみたのですが、胸からウエストにかけてがブカブカ・・・測ってみると6cmも詰めることに。とりあえず返品して(サイズ直しは国内)あちらでももう一度採寸してもらうと、こちらがオーダーした通りのサイズだとのこと。素人採寸といえども、こんなに違うものかな?とは思いましたが、めでたい代物なのに争うのも面倒だったので、お直し代10,000円も元々のドレス代のうちと割り切ってお直ししてもらいました。

その後1週間ほどで戻ってきたドレスをもう一度試着してみると見事ぴったりになっていました生地も十分良いし、満足の出来です。結婚式まであと3週間。何も用意することがなくてこれで本当に大丈夫か?と思う今日この頃です