カテゴリ

カテゴリ:2016/07イタリア(4歳)

イタリア旅行のRefundがようやく全て戻ってきました

カテゴリ:
家族でイタリア旅行に行ったのが去年の7月。狂ったように私が買い物したのをみなさま覚えてらっしゃいますでしょうか。実はあの後Tax Refundでちょっとしたトラブルがあったのです。

Global Blue(LOEWEFENDI分)は7/17に手続きして、7/20には既に還付という素早い対応。しかし9月になっても他2社からの返金がなかったため、メールを送りました。Tax Free(Faliero Sarti)からはメールの翌週に返金。

しかし手強かったのがPremier Tax Free。 メールへの返信はすぐに来たものの、8/18には既に振込しているとのこと。しかし待てども待てども私のAMEXの明細には載ってきません。

10月になり、再度問い合わせたところ、入金の証というドキュメントを送ってきました。しかしよくよく見てみると、一緒に提出した彼の買い物分も一緒に載っているではないか!彼の買い物はもちろん彼のクレジットカード(しかもVISA)なので、そこを指摘すると「買い物の時に使われたカードは関係なく、振込はフォームを提出した時に使ったカードにされる。」との返答。ほんまかいなと思ってたんですが、これはほんまでした。

その後AMEXにも問い合わせたものの、やはり入金はないとの返答。しかもAMEXからもPremier Tax Freeにメールで問い合わせすることしかできないとの頼りない回答しかもらえず。定期的に電話で状況報告はしてくれましたがね。

自分だけの返金で、もしもこれが数千円程度だったらあっさり諦めもつくんですが、今回友達に頼まれて購入したCHANELとGUCCI分の還付金があったので、諦めるわけにはいかず。
6a283ab5
11月になり、しつこく入金がない旨メールすると、今度はクレジッド番号を確認させてくれと来ました。2通に分けて番号を送ったところ、 番号が16桁じゃないのが問題だと・・・いやいや、AMEXは15桁しかないんですけど!年末までには解決してくれ!と強めのメールを送ったところ、11月末になって、彼の分のrefundの振込が。残りの2つはまだか?と問い詰めると、1月の前半には振り込まれますとの返信がありました。

しかし1月後半になっても振り込みはなく。再度問い合わせたところ1/13に振り込み手続き完了との連絡が。あまり期待せずに待っていたのですが、先週になってAMEXの人から「マイナスの数字が上がってきました!」と電話が入り、オンラインでもrefundが確認できました。全部で6万弱。しつこく追っかけた甲斐があったというものです。

結局何が問題だったのか分かりませんが(おそらくイタリア人の怠慢?)同じような状況の人がいたら、この記事が何かのお役に立てば幸いです。 

ローマの空港で免税手続き

カテゴリ:
ローマのフィウミチーノの空港まではローマ市街から一律49ユーロという取り決めがあり安心。カード払いもできるタクシーがほとんどです。
IMG_6114
スペイン広場のタクシー乗り場から40分ほどで到着しました。

ウエブチェックインはしていたんですが、免税手続きに時間がかかるかもということで余裕を見て2時間ちょっと前に到着。

しかしアリタリアのチェックインカウンターは行き先別になっておらずかなりの行列。しかも仕事が遅いのか全然進まない・・・

しばらく待った後ふと目をやった方向に子連れ専用カウンターを発見し並ぶも全然進まない・・・チェックインであんなに時間を取られるとは!

イタリアでは免税で買った品物もチェックイン荷物に入れちゃってOK。正直、あんなにバッグ買っちゃって(友人のも入れると5つ!)全部手荷物だなんて大丈夫か?と思っていたんです。

それにしても5つ。スーツケースに入りきるか?ってとこだったんですが、両親のスーツケースの1つが半分あいていたので、手伝ってもらっちゃいました。本当にありがたや〜。
IMG_6099IMG_6247
カウンターでチェックインを済ませた後に、免税手続き対象品が入ったスーツケースにタグをつけてもらい、VAT Returnカウンターまで持って行きます。

免税手続きカウンターはtax refundの会社毎に分かれており、それぞれの列に並ばねばなりません。面倒すぎるー。そしてやはり進みが悪い。現金で返してももらえますが、もう時間がなさそうだったので、全てクレジットカードへの返金にしちゃいました。

購入品と搭乗券が必要とのことでしたが、結局見せたのはTax Return Formとパスポートだけで。

再度スーツケースを預ける際は、列に並ぶ必要はありません。直接航空会社のカウンターに行って既にチェックイン済みの旨伝えればOK。 

返金されるまで数ヶ月かかるとのことですが、一応状況は各会社のページから確認できます。Document#等必要になるので、フォームの写真を撮っておくと良いでしょう。
Global Blue
Premier Tax Free

今回は還付金も大きいのでドキドキ。

どのレートで還付されるかにもよりますが、バッグは日本価格に比べて33-37%オフ、ストールに至っては47%オフで購入できたことになります。トクトク! 

FENDI Peekaboo購入

カテゴリ:
FENDIといえば、7月初旬に行われたトレビの泉でのファッションショー。こんなことができるのか!と度肝を抜かれたんですが、とっても綺麗で幻想的でした。
1940
その影響があったかないかわかりませんが、せっかくローマに来たんだから、FENDI本店に行ってみようじゃないの、と思い立ったのが最後。

はい、Peekabooのレギュラーサイズを買ってしまいました。ローマでまさかのバッグ3つ買い!もうどっかプッツンいっちゃったんじゃないかと自分でも思いましたけど。

こちらオンラインショップの画像。店頭ではこれに赤いふわふわチャームが付いていました。この画像の色には惹かれないなー。
4958
実物はもっとグレーがかっていて、中はピンク。昔からグレーとピンクのコンビネーションが大好物なのです。ストラップとレインカバーが付き。
IMG_6269IMG_6270
Peekaboo可愛いなと思いつつも、この値段(日本で482,760円)はないわ〜と思っていたんですが、イタリアでは3,100ユーロ(370,787円)。しかもここから14%の434ユーロが還付されるので、2,666ユーロ(32万くらい?)となります。日本の価格なんなん!?

さすがに3つ買いは...と一旦宿に戻って悩んだんですが、おかあさんが「買っちゃいなさいよ!いつも頑張ってるんだから!後悔するわよ。」と後押ししてくれたので、思い切っちゃいました。

FENDIで対応してくれた店員さんもとても感じよかったです。ローマのブランド店、シャネル以外はどこもナイス。

本店と子供FENDI店。この奇抜なモンスターも子供なら可愛いな。
IMG_6213IMG_6262
思いがけず散財しちゃいましたが、後悔は一切無し!3つともとっても気に入ってます。

GUCCI Disco Bag購入

カテゴリ:
ローマでは、友人に頼まれて、CHANELとGUCCIにも足を運んできました。

GUCCIで頼まれていたのはこのDisco Bag。紺色を彼女は希望していたんですが、今シーズンは黒、赤、ベージュ、トリコロールカラー、そしてこのシャンパン色のみとのこと。18
ここでミイラ取りがミイラになった!試させてもらっているうちに、私がこのバッグの虜になってしまったんですねー。使い勝手も良さそうだし、シャンパン色の、ゴールドともシルバーとも取れる絶妙な色合いがまたいい!

ということで、友人にも許可を取り、お揃いでこのシャンパン色を買っちゃいました。
IMG_6293
日本では124,220円のところ790ユーロ(94,491円)。12.5%にあたる99ユーロが戻ってくるので、83,000円くらいになる予定です。

GUCCIの店員さん(特に男性陣)もとっても感じがよかったなー。とっても気持ち良くお買い物できました。

それに比べてCHANELの高飛車な接客よ!元々CHANELのバッグの良さは理解できませんでしたが、今回の件でもう一生買ってやらない!と心に決めました。 

ちなみに友人に頼まれて購入したのは正方形に近いミニマトラッセという代物で、2,250ユーロ(271,680円)でした。315ユーロ還付されるので、最終的には235,000円くらい?それにしても長財布も入らないミニミニバッグなのに高い!
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

グッチ ソーホー ディスコバッグ 308364 (新品)
価格:98000円(税込、送料無料) (2016/7/29時点)


ローマ That's Amoreでランチ

カテゴリ:
トレビの泉近くにあるThat's Amoreという、名前だけ聞くとイマイチそうなレストランでランチをしました。少し遅めの時間だったにも関わらず、店内はほぼ満席で賑わっていました。

それもそのはず、ここも何を食べてもかなり美味しい!

ブルスケッタとシーフードパスタ。
IMG_6074IMG_6076
ずっと食べたかったカルツォーネ(中身はズッキーニなどの野菜)とアマトリチャーナ。
IMG_6077IMG_6079
〆はティラミス。大人4人(娘は寝ちゃってました)お腹いっぱい食べて64ユーロ(約7,600円)でした。
IMG_6080IMG_6081
ここは店員さんも感じが良いし、かなり気に入りました。翌日も行ったのに、まさかのランチ臨時休業(涙)。

店員さんが「どこから来たんですか、韓国?」と聞いてくるほどやっぱり韓国人観光客が多いみたいですねー。私たちの隣のテーブルも韓国の若者でした。 

住所: Via in Arcione 115, 00187 Rome, Italy
TEL: +39 06 679 0302 

このページのトップヘ

見出し画像
×