カテゴリ

カテゴリ:2016/07イタリア(4歳)

LOEWE Amazona 28購入

カテゴリ:
今回のイタリア旅行では、円高になったことだし、LOEWEのアマソナ28は買おうと最初から心に決めていました!

ここ数年で微妙にモデルチェンジしているアマソナですが、今のデザインがシンプルで好きです。黒いバッグは一つも持っていないので、色は迷うことなく黒で!ローマ店のアジア系の店員さん、とても感じ良かったです。
2734
事前下見で三越に行った時、このブラックxゴールドのアマソナにLのキーリングがついていたんです。それがあまりに可愛かったので、そのまま真似っこ。

ローマ店ではこのキーリング、最後の1つでした。危ない危ない。
59
大満足!
IMG_6103IMG_6347
ショルダーストラップもついているので、肩掛け&斜め掛けできるのも便利。収納力も抜群です。

Amazona、どんどん値上がりして、日本では今281,880円もするんですよね。しかしヨーロッパでは1,700ユーロ(205,270円)。キーリングは27,000円のところ150ユーロ(18,100円)でした。 

ここから13.35%にあたる247ユーロ戻ってくる予定なので、最終的にはバッグとキーリングで19万円台になる予定。トクトク!

EUであればどこの国でも金額は同じなので、還付率の高い国で買うのが良いです。LOEWEの本拠地スペインではMAX13%、イタリアでは15.5%。何%戻ってくるかは、製品、金額によって違ってきます。

全く同じ日程でポルトガルを旅していた友人もアマソナを購入したんですが、ポルトガルでは1,700ユーロに対して245ユーロ返ってきたらしいので、14%の計算ですね。しかも彼女はマネパカードにレートがかなり良い時にチャージしていて、支払いもマネパカードで(デビットカードとして)したので、お得にゲットできた様子。私ももっとたくさんチャージしておけばよかったなー。

帰国してから知ったのですが、レザーネームタグへのイニシャルスタンピングサービスがあるんですね。常時このサービスを行っているという銀座店に電話で問い合わせましたが、銀座店とオンラインで購入した人のみ対象なんだそうです。残念!

しかし他の店舗でもイベントとして行うことがあるとのことなので、その時にまた考えます。 

前の型ですけど、安くなっています。 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ロエベ ハンドバッグ LOEWE 352.33.A22 AMAZONA BAG AZUL DEN
価格:209220円(税込、送料無料) (2016/7/29時点)


ローマ 子供の遊び場

カテゴリ:
前述の通り、都市部には全くと言って良いほど遊具のある公園がないイタリア。

しかし娘を遊ばせたいがために、彼が執念で探し出しました。ボルゲーゼ美術館の裏手にある公園です。
BlogPaint
わざわざタクシーで行ってもその価値はあったようで、久々の遊具に娘狂喜だったとのこと。
BlogPaint
私はこの間一人でお買い物させてもらっちゃいました。

ローマ観光

カテゴリ:
ローマは街全体が世界遺産レベルで、とにかく壮大。

しかし、他のイタリアの都市の例にもれず、観光客の数が半端ないです。

早朝のスペイン広場(スペイン広場はまさかの工事中!ガイドブックには2016年春には工事終了予定とあったのに)。
IMG_6015
日中にはこうなります。
IMG_6210
トレビの泉。この写真では人がいなさそうですが
IMG_6066
実際はこれ!
IMG_6194
フィレンツェの途中から涼しくなり始め、ローマではかなり過ごしやすい(たまに寒いくらい)気候でラッキーでした。

ローマではバチカン市国とコロッセオを事前予約しておいたんですが、おかげでスムースに入場することができました。 

バチカン市国。金曜日の11時に予約していたんですが、ここに入る行列がどこよりも多かったかも。なんで皆予約しなかったんだろう?さすがに全部じっくり見て回るのは疲れるので、サクッと要所だけ。
IMG_6054
コロッセオは土曜日の朝8時半のオープン時間に訪れました。朝一はやはり人も少なくて快適!
IMG_6126IMG_6137

ローマの宿 Ingrami Suites

カテゴリ:
ローマでの宿は、スペイン広場から100mというのが売りのB&B、Ingrami Suites

当初はTermini駅から地下鉄で行こうと思っていたのですが、またも娘がItaloの心地よい揺れで眠ってしまったので、タクシーで行くことに。スーツケース4つも一緒に1つのタクシーに乗れてラッキー。

地下鉄のSpagna駅はすぐ近くですが、スーツケース持ちだとタクシーで行くのが一番手っ取り早いと思います。結局今回ローマではタクシーのみで地下鉄には乗りませんでした。

宿には2つ入り口があり、タクシーに住所を告げるとトリニタ・デイ・モンティ教会のある上側の入り口に到着します。そこからIngrami Suitesのベル鈴を押せばオーナーのDarioが迎えに来てくれ、荷物も手伝ってくれるので、エレベーターがなくてもなんとかなります。

ちなみに下の入り口から出るとスペイン広場方面に出られます。

私たち3人が宿泊したジュニアスイート。小綺麗で私好みの可愛いお部屋でした。部屋の中で気に入った家具があれば購入もできるそうです。
BlogPaintIMG_5991
バスルームもスタイリッシュ。
「無料でベビーベッドも貸し出せますけど」と言われて、こんなでかい娘に?と思ったんですが、今までの宿ほどベッドが大きくなさそうだったので、貸してもらうことに。最初は「赤ちゃん用じゃないの?」と怪しんでいた娘も、5歳くらいまで大丈夫なベッドと聞くと納得し、自分専用だと大喜びでした。
IMG_5989BlogPaint
こちら父母のダブルルーム。かなり助かったのが、このパティオの存在。5部屋あるうちの3部屋からのみアクセスでき、お互いの部屋をパティオ経由で行き来できるんです。ローマでの夜はテイクアウトをしてここで皆で食べました。
IMG_5986IMG_5993
朝食は、近くのカフェでいただけるチケットをもらいました。しかし、上の入り口付近のカフェの朝食開始時間はなんと8時半。早起き族には辛い時間だと伝えると、もう1つ下の入り口から出たカフェならば7時半から大丈夫とのことで変更してもらいました。

宿の入っているビルの外観。下の入り口から出てこの階段を降りてぐるっと行くとスペイン広場です。

クロワッサン(もしくはディスプレイにある他のパン)、ジュース、コーヒーor紅茶の簡単な朝食です。娘が飴が欲しいというので見ていたら、なんとお店のおじさんがくれました(笑)。
IMG_6003IMG_6026
Ingrami Suitesのロケーションがもう本当に最高で(特にショッピングがしたい場合)早朝スペイン階段散歩にも毎朝行きました。

ただ、ホテルではないので、常に受付に人がいません。3日目の朝、いつものごとく早起きするとなんと水が出ない!Darioに電話しても出ないのでSMSのみ残し、スペイン広場の水(これなんとミネラルウォーター)を汲みに行ってしのぎました。結局工事の関係でビル全体で水が止まっていたそうなんですが、コロッセオに行って帰ってきた頃にはDarioが緊急用のタンクを作動して水が出るようにしてくれていました。そして夜までには完全復旧!ホッ。こんなハプニングも楽しむしかない!

ちなみにチェックアウトは10:30と少し早め。でもチェックアウト後も荷物を預かっておいてくれるので問題なし。

空港へは12時15分くらいに出発すれば良いスケジュールだったため、私たちが最後の買い物に行く間、父母と娘がパティオにいても良いか、ダメ元で聞いてみたところOK。しかも順番に掃除してるから、私たちの部屋に辿り着くまでは部屋にいてくれても良いし、というありがたいお言葉。

またローマに来ることがあったらここに泊まります。

フィレンツェ Ristorante La Falteronaでランチ

カテゴリ:
フィレンツェで最後の食事。

お目当ての店に向かったところ、まさかの店内工事中で「30分後にまた来てください」とのこと。電車の時間があるんで、無理なんですよ。

仕方ないので、またGoogleとTrip Advisorアプリのお世話になって、たまたま近くで見つけたのがLa Falterona。結果から言うとここは入って大正解でした。リストランテというだけあって、お値段若干高めですが、もう何を食べても美味しいのなんの!フィレンツェ特有の味のないパン以外は!

パスタはジェノベーゼとミートソース。そしてサイドに生ハムメロンとポモドーロスープ。ああ、今思い出してもヨダレが・・・
IMG_5974 IMG_5975
あまりに美味しかったので、シーフードのスパゲティも追加!アルミホイルにくるまって出てきましたよ。具沢山で、シーフードの味がきいてて幸せ!そして食べ比べでティラミスも。
IMG_5977 IMG_5978
その他ドリンクも頼んで88.5ユーロでした。大満足!

今回の旅で私はここの料理が一番好みでした。次回また行くことがあれば絶対リピートします。

住所: Via Zannoni 10 - 12 Rosso, 50129, Florence, Italy
TEL: +39 055 216112

このページのトップヘ

見出し画像
×