カテゴリ

カテゴリ:神奈川・箱根

箱根湯本 籠屋清次で絶品揚げかまぼこ

カテゴリ:
水の音を12時にチェックアウトした後は、小涌谷駅から箱根湯本まで下ります。



またも窓の大きい新車両だったため、眺めを堪能することができました。

箱根湯本では少し時間があったため、気になるものを食べ歩き。

その中でも絶品だったのが、籠屋清次の揚げかまぼこ。
イワシ、玉ねぎ、もろこし、枝豆など多様なラインアップからそれぞれ好きなものを選びます。
IMG_1097
彼は玉ねぎ、娘はチーズ、私はもろこしにしてみました。
ハンペンのようにふんわりとしたかまぼこで、とってもとっても美味しかったです♫
IMG_1099
今でもたまに娘と「あのかまぼこまた食べたいね〜」と思い返しています。

住所: 神奈川県足柄下郡箱根町湯本701
TEL: 0460-83-8411

営業時間:
平日 9:00-18:00 
土日祝 9:00-19:00 

定休日: 火曜 

箱根 12年ぶりの水の音へ

カテゴリ:
先月の箱根1泊旅行で心身共に癒されたので、今月も彼の誕生日に合わせて行くことに。

てるみショックを経験している身としては、ふるさと納税でもらっている日本旅行のギフトカードも早く使ってしまいたかったので、日本旅行で予約することに。コロナ禍で何が起こるか分かりませんからね。



しかし、日本旅行のページが何とも見にくく、リサーチし辛いのなんの!面倒になってきたので、12年前、夫と付き合いだして初めての旅行で訪れ、良い印象のあった水の音(みずのと)に行ってみることに。

当時まだ20代でお金もなかった私たちにとってはファンシーなお宿でしたが、色々と経験してしまった今はどうか!?検証です。

今回はJRもついているプランだったので、東京駅から小田原まで踊り子で1時間。箱根登山鉄道も7月の後半に運転再開していたので、今回の移動は全て電車です。箱根のバスは道がくねくねしすぎていて、大人でも酔いますからね。子供には苦行でしかありません。

箱根登山鉄道が新しい車両になっており、窓も大きくて眺めが最高でした。外国人もいないので、電車も空いていて快適です。 
IMG_1002
IMG_1004
東京駅から約2時間で小涌谷駅に到着。14:00以降は宿の送迎車があるとのことだったんですが、13:58着の電車でも送迎車がいてラッキーでした。駅から徒歩15分とのことだったのですが、結構な坂なので、歩くのはしんどいと思います。

到着すると、入り口のところで検温と受付を行い、チェックインの順番が来るまでロビーで待ちます。

ロビーには自由に飲める飲み物が置いてあるので、ホッと一息。冷たい黒豆茶が美味でした。
IMG_1090
チェックイン後、スタッフの方が部屋まで案内してくれました。今回予約していたのは、本館の和洋室。46m²となかなかの広さですが、古さは否めません。写真を見ると、12年前も全く同じタイプの部屋に宿泊していたようでした。窓から見える緑が美しい!
BlogPaint
ミニキッチン付きなので、赤ちゃん連れには便利そうです。
IMG_1010
一番古さを感じさせるバスルーム。シャワーのみついています。
しかしながら、必要最低限のものは備わっていますし、誰の歯ブラシか分からなくならないように、カラフルな歯ブラシ置きがあったのが印象的。
IMG_1008IMG_1009
ちなみに、露天風呂付きの客室もありますが、そちらは温泉ではないそうです。

箱根リトリートfore(フォーレ)- 食事編

カテゴリ:
部屋編はこちら。



ディナーの時間は17:30、18:00、19:00で選べたので、早寝早起き我が家はもちろん17:30で。

ダイニングエリアは、高い天井とガラス張りの開放感あふれる空間にあります。これだけで気分が良い!

大人用のコースは蟹とアボカドのタルタルからスタート。さくっとしたシュー生地とタルタルが相まって、一口目からそのおいしさに驚きです。パンも自家製だそうです。
IMG_0197IMG_0199
お次は彩り野菜と季節のポタージュ。ポタージュはジャガイモと生姜でした。
そしてこれもまた絶品だった初鰹のたたきとビーツ。スモーク感が最高!
IMG_0201IMG_0202
鱸のポワレはバジルとナッツのソースで。トマトには旬の野菜が詰まっています。
そして次はお肉メインなのですが、私は代わりに太刀魚。W魚だとなかなか辛い時もあるのですが、ここの食事は美味しすぎて、全く苦になりませんでした。
IMG_0203IMG_0204
彼のメインはホロホロ鳥のロースト。
最後にデザートは抹茶とラズベリーのガトー&梅のジュレ。メニューで見た時点では、あまりテンションの上がらないラインアップだなと思っていたんですが、すいません。どちらも最高に美味でした。
IMG_0205IMG_0207
大満足!最後にはもうお腹がパンパンではちきれそうでした。

そしてこちら娘のプレートとデザート。子供用といえど高レベルだったらしく、満足そうにうんうんと頷きながら平らげていました。ボリューム満点!
IMG_0198IMG_0206
そしてお次は朝食です。

箱根リトリートfore(フォーレ)- 部屋&施設編

カテゴリ:
食事編はこちら。



さて、今回お宿は仙石原にある箱根リトリートfore(フォーレ)

5月の楽天スーパーセールで、なんとポイント40%還元の対象となっていたため、予約していました。

今回のお部屋はデラックスダブル【薪ストーブ付】という54平米のお部屋です。
密回避のため、チェックインはお部屋で。

玄関を左に行くと、リビングルーム。ソファの上にすでに娘用の寝床がセットされていました。
IMG_0165
窓からはこの景色!外からは鳥のさえずりも絶え間なく聞こえてきて癒される〜。
IMG_0172
ソファは広くて快適。オブジェも可愛らしいです。
IMG_0170IMG_0178
玄関を右に行くとベッドルームです。ベッドが私にはちょっと硬すぎて、安眠できませんでした。
ベッド横にはバスルーム。ロールカーテンを下ろすことはできますが、入り口側にはカーテンがないので、友達同士だと微妙な作りです。
IMG_0174IMG_0175
一度も使っていませんが、バスルームはこちら。アメニティはELLE Spaでした。
IMG_0173IMG_0179
部屋着として可愛い中華風(?)のものが用意されているのですが、子供用は110cmまでしか用意がないらしいので、小学生低学年くらいの子連れの場合は、パジャマ持参が良いかと思われます。我が家のほぼ140cmの娘も持参はしていたのですが、大人用でもなんとか着られたので、喜んでカンフーごっこをしていました。

箱根 ガラスの森美術館

カテゴリ:
今回のお宿がガラスの森美術館のすぐそばだったので、チェックイン前にサクっと行ってみました。

入館前にある木。一見たくさんのお花がついているように見えますが、よく見ると、その正体はガラス。光があたるとキラキラ輝いてこの上ない美しさでした。
IMG_0129IMG_0130
紫陽花もガラス製。
この日は不要でしたが、日傘の貸し出しもありました。
IMG_0133IMG_0136
クリスタルガラスのアーチも、太陽が出てくると眩いばかりに光ります。
IMG_0135
ガラスのバラ園。インスタ用の映え写真を撮影している女子がたくさんいました。
IMG_0147IMG_0149
ヴェネチアングラス美術館、現代ガラス美術館を堪能した後は、再び庭園へ。

中でも一番感動したのはこちらの紫陽花+ガラスの紫陽花。
IMG_0157IMG_0158
とっても綺麗でした。
IMG_0159IMG_0160
BlogPaint
住所: 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
TEL: 0460-86-311

開館時間: 午前10時から午後5時30分

入館料は大人1,500円 大高生1,100円 小中生600円ですが、事前にコンビニでJTBのクーポンコード(0236744)を使って発券しておけば、大人1,200円 大高生900円 小中生500円になります。

このページのトップヘ

見出し画像
×