カテゴリ

カテゴリ:2019/08インドネシア・ジャカルタ(7歳1ヶ月)

The Ritz-Carlton Jakarta Pacific Place - 施設編

カテゴリ:
モバイルチェックインで、13時到着予定としていたところ、11時頃にはお部屋の準備ができましたとの連絡が。ありがたい!

広々としたラウンジは、常に空席があったので、時間を気にせずにゆっくりと過ごすことができます。全室クラブラウンジ付きなはずなのに、宿泊客が少ないのか、席数が多いのか?
IMG_9378IMG_9379
リッツならではの1日5回のフードプレゼンテーション。通常、夜は子供の入室不可となることが多いのですが、ここは制限がありませんでした。ビジネスの街なので、そもそも子供の宿泊があまりないのかも。スタッフが皆娘を名前で呼んでくれました。
BlogPaint
チェックイン後は「軽食」時間だったため、ランチ代わりにラウンジで食事をしました。
IMG_9330
ここの食事が最高に美味しかった!香港リッツより何倍も美味しかったのにはびっくりです。これだけ美味しいと、わざわざ外に行く気もおきません。
IMG_9329IMG_9331
飲み物もありとあらゆるものを用意してくれます。私たちはもっぱらソフトドリンクですが。

アフタヌーンティ。ここのスコーン、これまでの人生で一番かもレベルでした。また食べたい!
IMG_9416IMG_9414
写真はありませんが、ディナーももちろんラウンジで。私たちが日本人だからか?シェフが「フレッシュなシマアジの刺身いかがですか」と持ってきてくれました。しかもシマアジはなぜか日本語で。

朝食時にはパン類も豊富。
IMG_9376
IMG_9377
帰りのフライトは21:55だったので、16:00のレイトチェックアウトをお願いしていたのですが、チェックアウト後もラウンジ利用OK!軽いディナーまでいただき、最大限に利用させてもらいました!貧乏根性丸出し!

その他の施設は続きへ。

The Ritz-Carlton Jakarta Pacific Place - 部屋編

カテゴリ:
バンドンからジャカルタへ帰る電車の中で、Marriott Bonvoyアプリにこんな嬉しいお知らせが!
BlogPaint
ワクワクしながら、まずはアロフト・ジャカルタ・ワヒドハシムで預けていた大きなスーツケースをピックアップし、The Ritz-Carlton Jakarta Pacific Place(ザ・リッツ・カールトン・ジャカルタ・パシフィック・プレイス)へ。もちろん移動は全てGRABです。140円〜180円で車で移動できちゃうってすごすぎ!

パシフィック・プレイスというモールに直結しているのですが、モールに入る時も、ホテルに入る時も、厳重な荷物検査を受けます。

ロビーに着くと、そのままお部屋に案内していただき、その場でチェックイン。ポイント宿泊なので、本来であれば1キングのお部屋なのに、メイフェアクラブスイートにアップグレードされていました!
IMG_9315
この日の通常料金であればIDR10,909,360(80,500円)のお部屋です!そこに無料で宿泊できるだなんて素敵すぎる!

しかも、TVには私が事前に送っておいた写真を使って、スタッフが作ってくれたHappy Birthdayムービーが流れているという粋なはからい!
IMG_9323IMG_9322
そしてベッドにはこんなラブリーな装飾まで。
娘用には、ここでもMr. Men & Little Missシリーズのぬいぐるみが用意されていました。Little Miss Princessだったので、WestinではMr. Happyにしておいてよかった〜。
IMG_9335IMG_9350
Bonvoyメンバーのウエルカムスイーツだけでなく、誕生日用のケーキも!あまりに美味しいので、頑張って食べきりました!私たちが日本人だから(?)折り紙の鶴と、緑茶&ポカリの缶も用意されていました。緑茶は甘くて飲めなかったけど😂
IMG_9326IMG_9316

ジャカルタからバンドンまでの電車移動は極寒だった

カテゴリ:
さて、ジャカルタからバンドンまでは電車で3時間。土壇場でのチケット購入を強いられたため、土曜日の早朝7:15の電車に乗る羽目に。

詳しくはこちら⬇︎


ジャカルタの渋滞は酷いと皆言うため、6:20にGRABでホテルを出発。早朝だからか、車もあまりおらず10分弱でGambir駅に着きました。駅の敷地内に入る車も全て厳重なチェックが行われています。物騒だけど、利用客としてはチェックしてもらった方が安心。

購入時に送られてきたのがE-Ticketでそのまま入れるのかと思っていたのですが、予約番号を機械に打ち込んで、紙のチケットをプリントしなければならなかったみたいです。チケット共にID(パスポート)を見せます。
IMG_7444BlogPaint
行き先が様々な列車がどんどんホームに入ってくるため、若干心配になりますが、Bandung行きは行き先も書かれているので大丈夫。

そこそこ綺麗な車内(トイレは微妙だったので行っていません)。お弁当も売りに来ます。
IMG_9293IMG_9307
リクライニングもあり、座り心地も良し。途中からのどかな田園風景が広がります。
IMG_9245IMG_9246
が、車内の温度設定が低すぎて、夏服にソックスを履いて、カシミアシルクの羽織ものをしても寒くてたまらない!!あまりの極寒具合に、バンドンのユニクロで、セーターを買う羽目に(´༎ຶД༎ຶ`)日本より高いと思いましたが、IND399,000(約3,000円)だったので、日本と同じくらいかな?けどおかげさまで、帰路は快適に過ごすことができました。
IMG_9289
別ホームに移動するのに、停車中の電車内を通っていくと言うワイルド感!
ちょうど私たちがジャカルタに帰る日が、イスラム教の犠牲祭だったらしく、バンドンの道端には生贄用の牛やヤギがたくさん繋がれていました。道端で手討ちにして、夕方皆でBBQするそうです。ひたすらワイルド!
IMG_9290IMG_9288

ジャカルタ アロフト・ジャカルタ・ワヒドハシム ホテル

カテゴリ:
バリ島での滞在を終え、国内線でジャカルタまで飛んできました。1時間の時差があります。

2時間弱のフライトなのに、機内食が出たのにはビックリ。ガルーダインドネシアとはすったもんだがありましたが、フライトそのものは快適でした。

スカルノ・ハッタ国際空港からジャカルタの中心部までは45分〜1時間。渋滞が酷いと聞いていましたが、滞在中そこまで酷い渋滞に巻き込まれることはなくホッ。

空港からジャカルタ アロフト・ジャカルタ・ワヒドハシム ホテルまではGRABでIDR184,000(1,370円)。今回の滞在中の最高金額ではありますが、1時間乗ってこれですからね。

ポップな雰囲気のホテルです。レセプションスタッフもカジュアルシャツにパンツといった出で立ちでフレンドリー。
 IMG_9311
おそらくアップグレードはく、スタンダードなツインツームでしたが、値段を考えると十分な広さ。できたばかりのホテルなのか、とても綺麗でした。
IMG_9230IMG_9231
クローゼットスペースもよく考えて作られています。
IMG_9232IMG_9233
水周りもとっても綺麗!
IMG_9234
日本の安宿価格でこれだけの広さ&清潔さのホテルに泊まれたら文句ありません。
IMG_9235

インドネシア国内線を予約し直しました

カテゴリ:
Bali-Bandung間は飛行機が飛ばなくなったとのことで(詳しくはこちら)バリ-ジャカルタ間の飛行機を取り直しました。

ガルーダインドネシアなんかもう2度と乗らないもん!と言ってやりたいところですが、LCCよりはマシに違いないので、やはりガルーダで。
Screen Shot 2019-04-03 at 14.11.05
お値段は当初のBandung行きより少しお安くIDR5,037,300(39,139円)なので、一人当たり13,046円です。
Screen Shot 2019-07-30 at 11.29.26
もうこれ以上トラブル起こりませんように!

このページのトップヘ

見出し画像
×